頑張れマック!~ガンなんかに負けるな~ | TOP > ARCHIVE > 2008年12月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ブログランキングに参加しています。
ポチッとワンクリック、ガンと闘うマックちゃんを応援して下さい。
あなたの応援で元気になれます。

 
2008.12.26 (金)

関西盲導犬協会見学会。。。

関西盲導犬協会

こんにちは。。。
久々の更新になってしまいました(汗)


それにしても
今日はムッチャ寒いです。。。
寒さの苦手な私達は
ファンヒーターと仲良しになっておりますw


先週末、20日の土曜日ですが
訓練センターの見学会があると言うことで
予め申し込んでおいた
関西盲導犬協会に行ってきました。

当日は
今日と違って12月とは思えないような
ポカポカ陽気の中での見学会でした。

関西盲導犬協会と言うと
映画や本でも紹介された盲導犬クイールが育ったことで有名です。
クイール
建物の中には、秋元良平さんが撮影した
クイールの写真のコーナーもありました。

そして見学会が始まると
映画「クイール」でクイール役を演じたラフィーくんが
私達を出迎えてくれました。。。

残念ながら写真を撮り忘れたので
ラフィーくんはこちらをご覧下さい。。。

見学会は
 ・盲導犬や目の不自由な方についてのお話
 ・盲導犬についてのビデオ上映
 ・盲導犬訓練の実演
 ・盲導犬ユーザーの方との懇談
と言う感じで行われました。。

そして見学会が終わった後には
パピー犬や
パピー犬
繁殖犬のリタイヤ犬たちと
リタイヤ犬
交流することが出来ました。


今回の見学会で
最も印象に残ったことは

ユーザーの方のお話の中で
ウェンディーちゃん

一般のペット犬の排泄物
つまり道路にするオシッコや
取り残しのウンチが
盲導犬の仕事の支障になっていると言うことです。。。

そしてその影響で
少なからず再訓練に訓練センターに
帰ってくる盲導犬もいるそうです。。。

ペットとして犬を飼っている者として
気をつけないとと改めて思う次第でした。。。


帰りには
クイールグッズを買いました。
クーちゃんグッズ
これらの売上げの一部は盲導犬の育成に役立てられるそうです。。。

その日以来
我が家のリビングにも
募金箱が・・・置かれています。
募金箱


はじめての訓練センターの見学会でしたが
良い経験ができて本当に良かったと思います。。。


また、次の機会に参加できればと思っています。。。



ではまた。。。



追伸:早いものでマックが旅立って
    一ヶ月が過ぎました。。。
    いまだ庭を走り回っているような気がします。。。

☆ブログランキングに参加しています。
ポチッとワンクリック、ガンと闘うマックちゃんを応援して下さい。
あなたの応援で元気になれます。

スポンサーサイト
 
2008.12.11 (木)

盲導犬ボランティア・・・。



こんにちは・・・。

マックが旅立って二週間が経ちました。。。

でも
何処からか、ひょっこりと帰ってきそうです。


さてさて、
今日は盲導犬のボランティアの話をしたいと思います。

盲導犬のボランティアと言えば
将来盲導犬になる子犬を育てる
パピーウォーカーがよく知られていますが

他にも
盲導犬になる子犬を産んでくれる
お父さん犬やお母さん犬を預かる
繁殖犬ボランティア

残念ながら盲導犬になれなかった犬の
キャリアチェンジ犬の養親

そして盲導犬をリタイヤした
引退犬の飼育ボランティア

があります。


以前から我が家でも
なんとか盲導犬の育成に
協力できないものかと考えていました。。
盲導犬


それで今回、
盲導犬をリタイヤした引退犬のお世話をしようと
関西盲導犬協会に登録しました。


私達が盲導犬の育成に興味を抱いたのは
もちろんマックがラブラドールだったからです。

もしマックが、
他の犬種だったら
それほどまで強く思うことは無かったような
そんな感じがします。


私達は
マックと一緒に生活していく程に
盲導犬の育成に何か協力できないものかと
日々思いを募らせていました。。。

そして今回
引退犬の飼育ボランティアとして登録しました。


引退犬ボランティアを選択したのは
盲導犬をリタイヤした引退犬の飼育が
ボランティアの数も少なく
重荷になっている現状があると知ったからです。

確かに引退犬は老犬でもあり
病気になったり
遠くない時期にお別れが待っていたりと
悲しいことが待っているかもしれません。

でも、視覚障害者の為に
一生懸命に頑張ってきた引退犬の為に
穏やかな余生を過ごさせてあげればと思いました。

それを教えてくれたのも
マックと過ごした最後の1ヶ月だったのかもしれません。


我が家に引退犬がやってくるのは
いつになるのか分かりませんが、
少しでも盲導犬の育成に役立てればと思います。。。



ではまた。。。


☆ブログランキングに参加しています。
ポチッとワンクリック、ガンと闘うマックちゃんを応援して下さい。
あなたの応援で元気になれます。

 
2008.12.05 (金)

マックと過ごした13年あまり・・・。



こんちは・・・。


マックと一緒に暮らした13年あまり・・・
いつもマックは私達の生活の中心にいました。

一緒に旅行にも行きました。
例え一緒に行けなくても
いつもマックの写真を携えていました。。。

出掛けていても
マックが家で待っているから早く帰ろうと
いつもマックのことが優先でした。

いつも私達の話は
マックのことで始まり
マックのことで終わっていました。。。

毎日が
マックに始まり
マックに終わる
そんな感じの13年あまり。。。


生命があるもの
いつかはその命が終わる時が来ると
そう分かっていても
我が家のマックだけは違うと・・・
そう思うこともありました。。。


しかし、
お別れの時が
マックにもやってきました。

食事も元気な時のように摂れず、
横になることが多くなった
最後の一ヶ月・・・。

本当は
苦しかったんだと思います。

旅立つ朝まで
私達に心配をかけまいとしてなのか
決して苦しい声をだすこともありませんでした。

しかし
そんなマックも
さすがに耐えられなくなったのか
最期の時を迎える2時間は
声を出すようになりました。
体力の無くなった身体から絞り出すように
まるで私たちに助けを求めるように・・・。

でも私達には何も出来ず・・・
ただただマックの手を握りながら
身体をさすってあげるくらいしか出来ませんでした。

そして最期の時。。。

一瞬、大きな息をしたかと思うと
静かに静かに・・・旅立っていきました。。。



松山千春さんの
起承転結Ⅶというアルバムの中に
「生命(いのち)」という歌があります。。。


その歌詞の中に

この子の人生を見届けられるなら
最後まで見守ってあげたいと思うね・・・

と言う一節があります。


何事もなければ
親である自分たちが子供よりも先に逝く

それでも親と言うものは
子供の人生のすべてを見守り続けたい・・・
そう願うもの。。。

そんな
子を想う親の気持ちを
歌った歌です。。。


私達二人には
子供はいません。。。
まさにマックが私達の子供でした。

マックの最後を看取ることができたことで
生きると言うこと
生命の大切さを
あらためて教わったような気がします。


マックに感謝です。。。


我が家に来てくれて
ほんとうにありがとう。。。



追伸:マックちゃんと交わした10の約束・・・。
    守れたやろか・・・。
    


☆ブログランキングに参加しています。
ポチッとワンクリック、ガンと闘うマックちゃんを応援して下さい。
あなたの応援で元気になれます。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。